アニメとビジネスと私

アニメのビジネスに関する話題のニュースや作品の魅力などを紹介していくブログ。ぜひ覗いていってくださいませ。

劇場版「空の境界」公開10周年記念特別上映会が始まっているよ!

      2019/02/06

劇場版「空の境界」公開から10周年を記念した特別上映イベントが5月12日から始まっています。昨年の12月で「空の境界 第1章~俯瞰風景~」の公開開始からちょうど10年の節目を迎え、新宿テアトルでも特別上映がされていました。今回は池袋にある劇場「シネ・リーブル池袋」にて記念上映がスタートしており、5月12日から6月1日までの期間で、空の境界シリーズの全作品を上映していくスケジュールになっています。

劇場版「空の境界」公開10周年記念 特別上映会 上映プログラム決定!

https://ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/topics/2018/05042218_3179.html

少ない期間での再上映ですので、興味のある方はぜひお急ぎください。って、関係者でもないのに宣伝っぽくなってしまいましたが、個人的にはこの空の境界シリーズはとても好きなのだからしょうがないです。

スポンサーリンク

第1章から、未来福音までを数えると全11作品。あなたが好きなタイトルはどれでしょうか?筆者個人としては第1章「俯瞰風景」、第3章「痛覚残留」、第5章「矛盾螺旋」あたりが好み。

特に第1章はその背景やキャラクターの美しさに惚れ、全編を通しての梶浦由記さんの音楽に、梶浦プロデュースのKalafinaの楽曲に衝撃を受けました。その時の感動は今でも忘れられないほどです。作品自体も10年経った今もその美しさ面白さは色あせていません。

制作プロダクション Ufotableの存在を知ったのも空の境界がきっかけでした。現在では有名なライトノベル作品のアニメ化タイトルをいくつも抱え、その作品の数々はどれも高い評価を受ける一流の制作会社です。テレビシリーズでも非常に凝った背景美術は健在で、そのさきがけ?とも言えるのが空の境界ではないかと思います。

原画集や絵コンテなどのも買い漁っていたのも思い出しました。当時の情熱と感動をまた体感したいという想いもありますので、筆者も今週中には第1章を観に行こうと思います。

スクリーンでまた観られるのも今後あるかわかりません。空の境界ファンのかたは、ぜひ池袋まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

 - アニメニュース, 私のアニメ日記